ホームページを検索エンジンで上位表示する方法

ホームページを検索で上位表示する方法

検索エンジンで検索した時に上位に来させるには

SEOのノウハウで多くの人が行なっている基本的なことがありますが、それは、ホームページ制作をするにあたって、ソースコードがあります。

 

 

そのソースコードでHTMLに書き込む際のタイトルやキーワード、ホームページの説明や詳細その部分をしっかりと行なうというのが基本的なSEOになります。

 

 

直接HTMLを使って自身でホームページ作成をしている方も多いと思いますが、この部分の書き込みを忘れないようにするとSEO対策になりますので、注意をして作るようにしましょう。

 

 

ただHTMLがいまいち理解できないという方も今は、ホームページビジターなど簡単にホームページが作れるような便利なソフトがありますので、誰でも自身のサイトを作れるのですが、そのような場合もまずHTML表示にし、この部分の詳細がどうなっているのかを確認してみるといいでしょう。

 

 

タイトル部分やキーワード入力、ホームページの詳細や説明を入力する部分に予めソースが打ち込まれていない場合もあるようですから今一度確認するようにしましょう。

 

 

使用しているホームページ作成ソフトによってもその基準などは異なりますので、なんともいえませんが、まずSEOの基本的な事となりますので、ホームページを持っているという方は、必ずチェックするといいでしょう。

 

 

万が一その部分が空白になった状態であれば、すごくもったいないと思いますので、それぞれにピッタリのタイトルやキーワードなどを入力、また簡潔で分かりやすキーワード入の説明文などを入力し、SEO対策の基本的なことが出来るようにしましょう。

 

 

基本的なSEOを後回しにしてしまうと、結局わすれてしまったり、面倒になってなかなか手を打たないという方もいますので、最初で行なう必要があります。

 

 

自分で作ったホームページであれば自分自身でしか書き込むほか手段がありませんし、アクセス数をアップさせ、上位表示をさせたいのであれば今すぐ行なう事をオススメします。

 

 

最初から簡単な単語や文章が入力されているという場合もありますが、例えばnoTitleといったような感じで表示されるでしょう。

 

このように表示される場合もなからすホームページの内容にマッチしたキーワードを盛り込んで簡潔に入力するようにしましょう

 

これはSEOの基本的なことですが、やらないでいるのとで検索順位に大きく影響を与えますよ。

 

検索エンジン登録代行格安はこちらへ移転しました

seo対策の技術

検索エンジンの仕組みが分かっていたら、SEO対策をする時のビジネスを展開する事もできます。

 

わかりやすく言うと、SEO業者を立ち上げて他のサイトを検索エンジンで上位表示させて収入を得る事もできるという事です。

 

SEO対策は基本的な事はそれほど難しくなく、誰でも努力次第では簡単にできるようになります。

 

ですが、専門的な知識が必要になったり、技術的な物が入ってくると、誰でも簡単にという訳いにはいかなくなるのです。

 

そのため、SEOをする時に行き詰まり、業者に依頼するという事もあるのです。

 

最近では、インターネットを活用して稼ぎたいと思っている人も増えてきて、SEO対策をしてサイトを運営している人も増えています。

 

そのため、SEO業者を利用して上位表示させようと思っているところも少なくありません。

 

特に難しいと言われているのは、HTMLを調整する事です。

 

HTMLがキレイなサイトは検索エンジンに質が良いサイトだと判断されて、ページランクが上がりやすくなり上位表示されやすくなります。

 

 

ですから、専門的な知識や技術を身につけることで検索エンジンで上位表示させて集客する事もできますし、依頼を受けてSEO対策をするという事もできます。

 

もし、通販サイトを運営しているサイトを見つけたら、その運営者に直接メールなどで連絡を取ってみる事をお勧めします。

 

そして、相手が依頼してくれたら、早く検索エンジンで上位表示させるように努めてください。

 

SEOの知識や技術は何に使っても利用できますので、自分の財産になります。

seoの外部施策はsnsも重要に!

自社サイトの価値を高めるためにseo対策は欠かせません。 サイト診断ツールを用いてサイトを分析するなどの内部施策のほか、 外部のサイトとのリンクを活用する外部施策があります。 近年の外部施策としては ツイッターやインスタグラム、ラインなどのsnsでどれだけ話題にすることができるか、 というの重要な要素となっています。 seo業務担当者は 日々移り変わるインターネットのトレンドや 技術の進化に常にアンテナを張っていなければなりません。

seo対策におけるコンテンツSEOとは

近頃のseo対策は非常に困難になってきています。
以前は注目されているキーワードをただ無造作に組み込めば検索結果の上位に表示されました。

 

しかし、AIの進化に伴い意味のある文脈でなければ結果に反映されなくなっています。

 

そのため、コンテンツSEOというものが注目されています。

 

オリジナルのコンテンツを継続的にホームページ上にアップすることによってアクセス数を稼ぎます。

 

ただし、
seo対策の基本ともいえる
ユーザが求めている内容をアップしないといけません。

seo対策には共起語を使ったコンテンツが必要

seo対策をする際には、
いかにユーザーに対して役に立つコンテンツを提供出来るかが鍵になります。

 

では、
どのようにして検索サイトのAIが役に立つサイトかどうかを判断しているのかというと、
共起語が含まれているかどうかで判断します。

 

共起語というのはキーワードに関係する言葉のことです。

 

 

例えば、
キーワードが時計だったら時間や目覚まし、
そういった言葉が対象となります。

 

共起語がたくさん含まれている文章があると
検索結果の上位に表示されやすくなります。

 

 

インターネット上のコンテンツへのアクセスの多くは検索エンジンを通してされます。
そのため、
検索エンジン最適化といわれるseo(Search Engine Optimization)を行うことで
アクセスを集めやすくなります。

 

この一つの手段に「共起語」を使用することがあります。

 

「共起語」はある単語と同時に使われることが多い単語のことで、
コンテンツのテーマに沿って、
関連する単語や言い換えを想像し、
コンテンツ内に使用することで効果が得られます。

 

 

seoコンテンツ時の共起語とは、キーワードに付随しやすいワードの事を指します。

 

具体的にはインターネット利用者が
検索エンジンにキーワードを入力した際、
一緒に入力される言葉です。

 

ある通販サイトなら、
ポイントやカード、
無料やサービスといったワードが共起語となります。

 

 

このワードを調べられるのが共起語ツールです。
通常は検索エンジンサイトのような要領で調べられます。
キーワードを入力し、検索ボタンを押す事で10から20ほど、
付随しやすい順番にワードが表示されます。

 

コンテンツ作成時にこれらのワードをテキストに使う事で、
効果的なseo対策を行えます。

 

現在ではコンテンツ作成に必須のツールと言われています。

 

 

共起語とは、
あるキーワードが含まれた文章の中に、
そのキーワードと一緒に出てくる可能性が高い単語を意味する言葉です。

 

たらこパスタを例に挙げた場合はレシピや作り方といった言葉が共起語であり、
ウェブコンテンツの専門性や情報網羅性を判断する場合の要素になります。

 

共起語を適切に活用すれば
seoコンテンツを検索結果で
上位に表示させる効果があるため、
ポイントを理解したうえで
積極的に活用することをおすすめしたいと感じています。

 

ホームページの上位表示の方法はこれだけ!シンプル&本質的なやり方

せっかくホームページを作ったのなら、上位表示して、多くのアクセスを集めたいですよね。

 

しかし、コンテンツなどを作成していくにあたって

 

・「どうすれば上位表示できる?」
・「上位表示ってそもそも何位から?」

 

といった悩みを抱える方も多いのでは。

 

そこで今回は、ホームページで上位表示する方法について紹介していきます。

 

なかなか上位表示できず悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

 

上位表示は何位以内のこと?

 

Internet Marketing Ninjas(インターネット・マーケティング・ニンジャズ)の調査によると、
2017年のGoogleの検索順位別クリック率は以下のようになっています。

 

1位:21.12%
2位:10.65%
3位:7.57%
4位:4.66%
5位:3.42%

10位:1.64%

 

このデータから考えると、1位~3位までに表示できれば、
およそ10%から20%の流入が期待でき、
多くのアクセスを集めることが可能になります。

 

よって、今回の記事では、上位表示は「1~3位」と定義していきます。

 

一応20位でも1%近いクリック率は期待できるのですが、1%だと、
検索数が1,000のキーワードだったとして、たった10回しかクリックされない計算です。

 

アクセスを安定して集めたいのであれば、ぜひ1~3位を狙っていきましょう。

 

参考URL:
Google Organic Click Through Study | Whitepapers by Internet Marketing Ninjas

 

ホームページを上位に表示させる方法

 

それでは、実際にホームページを上位表示させるための方法を見ていきましょう。

 

上位表示されるまでの過程

上位表示されるまでの過程は以下の通りです。

 

・クローリング
・インデックス
・表示順位の決定

 

順番に紹介していきます。

 

①クローリング

「クローリング」とは、WEB上を巡回する「クローラー」と呼ばれるロボットが、
あなたのホームページを発見することです。

 

通常ホームページやウェブサイトを作るだけでは
上位表示どころか検索エンジンから認識すらされませんので、
このクローラーがあなたのサイトを発見することが上位表示のための最初のステップです。

 

②インデックス

クローラーがあなたのサイトを発見した後は、WEBページを解析し、
検索エンジンにデータを「インデックス」します。

 

インデックスとは、ホームページのデータが検索エンジン内に取り込まれるようなイメージです。

 

この際、ホームページの内容によってインデックスのされやすさも異なってくるので、
そういった部分も考えたコンテンツ作成が重要となってきます。

 

③表示順位の決定

最後に、検索エンジン上での表示順位が決定されるステップです。

 

ホームページやコンテンツ内に含まれているキーワード、共起語、
その他ホームページ内でのコンテンツの数など、
インデックスされた様々な要素からページの評価が下されます。

 

この際に評価する要素のことを「アルゴリズム」といいます。

 

検索エンジンのアルゴリズムを理解し、
それに合わせたホームページつくりを意識することで、
狙ったキーワードでの上位表示が可能となるのです。

 

良質なコンテンツを作成する

上位表示までの過程として

 

・クローリング
・インデックス
・アルゴリズムによる評価

 

の3つを紹介してきました。

 

これらを踏まえると、上位表示するためには、

 

「インデックスされやすく、アルゴリズムにより評価されやすい良質なコンテンツを作ること」

 

ことが上位表示のために最も有効な方法だといえるでしょう。

 

そのために欠かせない要素として、以下が挙げられます。

 

・アルゴリズムやインデックスに対する理解
・それを踏まえたコンテンツ作成能力

 

特にインデックスとアルゴリズムに対する理解はとても大切なので、
引き続き解説していきます。

 

インデックスさせやすいコンテンツに仕上げる

どんなに優れたコンテンツだとしても、
インデックスされていなければ検索エンジンで表示されることもありません。

 

よって、インデックスされやすくするために、
ホームページ内でのリンク設計をしっかり行うようにしましょう。

 

理由としては、必要な情報にアクセスしやすいサイト構造になっていれば、
クローラーがホームページ内を巡回しやすくなるため。

 

サイトマップを作成し、サイト内のリンクをしっかり繋いでおくといいでしょう。

 

アルゴリズムを理解する

せっかくインデックスされても、アルゴリズムから評価されにくいコンテンツであれば、
上位表示は難しくなってしまいます。

 

よってアルゴリズムを理解したうえでコンテンツを作成する必要があるのですが、
Googleが発表しているアルゴリズムの評価要素は200以上もあるため、
すべてを網羅するのは至難の技。

 

・ユーザーにとって見やすく、良質な体験ができるコンテンツ
・オリジナリティのあるコンテンツ
・適切にキーワードが盛り込まれているコンテンツ

 

簡単にポイントをまとめてみると上記のようになりますので、
まずは最低限これらを意識してみることをおすすめします。

 

期間と順位

新規のドメインでホームページを作成した場合、
インデックスされて検索エンジンに表示されるまでは、おおよそ半年から1年かかるイメージです。

 

狙うキーワードの難易度によっても変わりますが、
その際にランキング100位以内に入っていれば正確にインデックスされていると考えていいでしょう。

 

というのも、100位以上は「ランキング圏外」とされているので、
相当問題がない限りは100位以内には入れるはずだからです。

 

もし「1年以上経過しているが、ずっと圏外」という場合は、
正確にインデックスされていないか、アルゴリズムに評価されにくいホームページとなっているかもしれません。

 

とはいえ、100位付近はほとんどアクセスが期待できないので、
ランキングの変動をチェックしつつ、順位を上げるための施策を取るようにしていきましょう。

 

20位の壁を突破する

インデックスされた後は、ランキング20位の壁を突破するようにしましょう。

 

これは、冒頭で示した調査の通り、20位以上から1%程度のクリック率が期待できるから。

 

検索エンジンでも2ページ目には表示されるようになりますし、
20位の壁を超えることで、SEOによるアクセス効果が実感できやすくなるはずです。

 

100位を超えた後は徐々にコンテンツを修正していき、
20位を突破できるよう注力してみるといいでしょう。

 

逆にいつまでたっても20位を越えられないとアクセスが期待できないので、
大幅にコンテンツを修正するか、狙うキーワードを変えるかの対策を取ったほうがいいです。

 

10位以内に入ってからのリライト

半年~1年間以内に5位以内に入れなかった場合、
もしくは10位以内に入れたがそこから1位~3位を目指せない場合、
コンテンツのリライト(修正)を行う必要があります。

 

リライトの手順としては、

 

・現状どのようなキーワードで集まっているか、キーワードを再決定する
・狙うキーワードの上位表示されているコンテンツを確認、分析
・上位表示のコンテンツと比較して足りない要素と、それらにない独自要素を追加

 

といった流れがオーソドックスです。

 

狙うキーワードによって上位表示に重要な要素は変わってきますが、
困ったら既に上位にあるコンテンツと、アルゴリズムの評価要素を参考にしてみるとヒントが見えてくるはず。

 

ホームページの上位表示を維持し続ける方法

 

上位表示できたとしても、それで安心はできません。

 

ほかのホームページやコンテンツに順位を抜かされる可能性もありますので、
上位表示を維持するため、以下2つの施策を取り入れてみてください。

 

更新頻度を高め、最新情報を掲載する

Googleのアルゴリズムの評価要素には、「更新頻度の高さ」というものがあります。

 

これに関しては「情報は常に古くなっていくものなので、
最新の情報を利用者に届けることが大切」という認識を持っておくといいです。

 

この考えに則り、常にホームページでは最新の情報を掲載し、
更新頻度は高く保つよう心掛けましょう。

 

被リンクを増やしていく

検索エンジンにおいて被リンクの多さは非常に重要な要素。

 

被リンクが多く集まることで、ホームページはアルゴリズムにいい評価をされやすくなります。

 

例えば、自身のホームページ内でリンクを集めることで「このページはこのサイト内で重要度が高いんだ」と認識されたり、良質な外部サイトからリンクが集まると「このホームページは信用に足るサイトなんだ」という認識をされたりするように。

 

そのためには、サイトマップをきちんと作成することに加え、
ほかのサイトからリンクを送ってもらえるような良質なコンテンツを作るよう意識することが大切です。

 

ホームページの上位表示方法のまとめ

ホームページの上位表示方法を解説してきました。

 

インデックスから始まり、上位表示に至るまでは時間がかかりますが、
最適な施策を行いつつも、上位表示を継続できるよう、
更新頻度を高めたり、被リンクを得ることが重要になってきます。

 

被リンクを得るには、「リンク営業」を行うのも一つの手ですが、
どうしても数多くの被リンクを得るには時間がかかってしまいますので、
時にはリンクを買うという手段も必要になってくるでしょう。

page top