外部からのseo対策

外部からのseo対策

SEO対策は、外部要因と内部要因の2つのSEOがあります。

 

基本的なSEO対策をしたいのでしたら、この2つのSEO対策についてよく勉強しておく必要があります。

 

ここでは、外部要因について紹介していきます。

 

外部要因は、リンクを貼ってもらう事が基本的な事になります。

 

リンクを貼ってもらうと人気のあるサイトだと判断されて、検索エンジンで上位表示されやすくなります。

 

相手にリンクを貼ってもらうためには、相手と交渉して自分も相手のリンクを貼るから、こちらのリンクも貼ってくださいというようにしてください。

 

それがうまく行ったらリンクをもらう事ができます。

 

 

 

ただ、リンクをもらうだけだと不十分になります。

 

リンクにも質があり、相手のサイトのページランクが高いという事や自分のサイトのジャンルと同じようなジャンルだという事でなければなりません。

 

質の高いサイトからリンクをもらえるという事はそれだけでも有利になるという事でもあります。

 

ですから、検索エンジンで有利になるためには質の高いサイトからリンクを貼ってもらってください。

 

SEO対策をする時には、このような事を意識してリンクを貼ってもらうようにしてください。

 

ですが、自分のサイトができたばかりなのにページランクが高いところに貼ってもらのは難しいです。

 

サイトを作り込んでいない場合は、あまり目立っていないサイトのリンクを集めてください。

 

SEO対策はコツコツ積み重ねていく必要がありますので、少しずつ進んでいきましょう。

snsを賢く利用してseo外部施策を高める!

自社サイトのseo外部施策といえば、
他のサイトからの誘導を図る被リンク対策が中心でしたが、
近年はソーシャルメディアネットワーク利用者の急増により
sns対策が非常に重要な地位を占めるようになりました。

 

いかにsne上で話題になるかが、
自社サイトへのアクセスに大きな影響を与えています。

 

使うキーワードや画像によって話題になるかどうかが大きく変わることもあり、
seo対策スタッフは人気のキーワードや画像の研究が必要となっています。

 

 

 

seoの外部施策の大きな要素が被リンク対策です。
検索エンジンで上位に表示されるためには、
状況は変化しているものの、
多くの外部リンクとつながっているかがポイントとなります。

 

一時はリンク数の多さだけで判断される面もありましたが、
近年は数に加えてリンクの質も問われる時代になりました。

 

質の高いリンクとは、
無理して集めたリンクではなく、
自然発生的に集まったリンクです。

 

この自然発生的なリンクを
どれだけ抱えているかが重要視されています。

seoの外部施策で無視できないsns

自社サイトのseo外部施策ではこれまで、
いかに質の良い外部リンクを多く集めるかが重要視されてきました。

 

フェイスブックやツイッターなどが急速に普及した
現在ではsnsの影響が注目されています。

 

結論から言うと、
snsのツイートや「いいね」の数などが
表示順位に直接的な影響を与えることはないようです。

 

しかし、sns上で話題になったキーワードは
様々な方面への波及が見込まれており、
間接的にではありますが
seoに何らかの影響を及ぼしていると見られています。

page top