seo対策とhtml

seo対策とhtml

SEO対策には、様々な方法があります。

 

サイトの運営者によっては、検索エンジンで上位表示させるための裏ワザ見たいなことをしている場合があり、うまくいけば上位表示してもらう事ができるようになります。

 

ですが、裏技のような方法で検索エンジンの上位表示してもらうと、最終的には検索エンジンから省かれてしまう可能性があります。

 

SEO対策をするのでしたら、短期間でアクセスを集めると考えるのではなく、長い目で見て効果のある方法を試してください。

 

裏技のような方法でアクセスを集められたとしても一時的なことで、あとで誰も来なくなってしまうという事も多くあります。

 

 

SEO対策の基本的な方法としては、HTMLを意識してサイトを作っていく必要があります。

 

HTMLは、検索エンジンで重要視されていて、並び方や間違った表記をしている場合には、点数が低くなり、検索エンジンから見る質が下げられてしまう可能性があります。

 

逆に、点数が高くなると、質の良いサイトとして認識されるため、上位表示されやすくなるのです。

 

それを調べるためのツールとして「HTMLチェックツール」などと検索するとすぐに見つかると思います。

 

使い方も簡単なので、気軽にチェックしてください。

 

自分のサイトの状況を知る事はアクセスを集めるためにも役立ちます。

 

点数は上限は100点となっていますが、下限は設定されていなくて、マイナス表記で現わされます。

 

100点を取るのは難しいのですが、努力してできるだけ100点に近づけてください。

seoの内部対策のためにメタディスクリプションを最適化しよう

seoの内部対策のためにメタディスクリプションを最適化しましょう。

 

メタディスクリプションと聞くと小難しい言葉のように聞こえますが、
要はホームページがどのようなサイトなのか説明をしている文章のことを指しています。

 

検索するとタイトルの下に表示されるものがそれにあたります。
クリック数を稼ぐためには非常に重要な要素となりますので、
seo対策として重要視されています。

 

スマートフォンだと50文字程度しか表示されないので
それを目安に組み込むといいでしょう。

seoの内部施策で重要なチェック項目とは

seoの内部施策を実施するうえでは、
対策ページを作成において5つのチェック項目があります。

 

 

一つ目は対策キーワードが必ず含まれていること。

 

二つ目が対策キーワードが文章の前方に置かれていること。

 

三つ目がキーワードが過剰に使われてないこと。

 

四つ目が全体の文字数が
検索結果表示画面に収まる文字数で収まっていこと。

 

五つ目がきちんとまとまりのある読みやすい文章になっていることです。

 

 

これらのチェック項目を日ごろから意識しておくことが大切です。

page top