SEOのノウハウ17(余計なソースコードの排除)

SEOのノウハウ17(余計なソースコードの排除)

ホームページを制作する場合、今は簡単に作れるようにとホームページ制作ソフトというものがあります。

 

これを活用するとある程度の知識があれば意外と簡単に自分のホームページを作ることができるというメリットがあります。

 

 

ただホームページ作成ソフトをつかっていると、完成した時にソースコード表示で全体の構造を見てみるとすごくごちゃごちゃになているということが多いようです。

 

 

ホームーページ作成ソフトを使って制作している方は、素人の方が多いようですからそのこと自体にも気づいていないケースがあります。

 

 

SEOを考えたホームページ作成をしたい場合には、ある程度HTMLの知識を習得した方がいいのかもしれませんね。

 

SEOのノウハウを知っているのとしらないのとでは、全く違ったホームページが完成してしまいます。

 

 

すでに作成してしまったホームページは、修正の使用がないのかというとそうでもありません。

 

不要だと思われるものは、ソースコードから削除して、できるだけすっきりとしたホームページ作成をしてみるといいでしょう。

 

 

ホームページに構築をすっきりとするだけでSEO対策になるのです。

 

ただ何が不要であるのかを理解するのは、難しシと思いますが、できる限りのことはやってみましょう。

 

 

なぜHTMLのソースコードがすっきりとしているのがSEOにとっていいのかというと、サーチエンジンが読み取りやすいと言うことです。

 

 

あまりにもごちゃごちゃとしているソースコードの場合、サーチエンジンが理解できずに適切な判断を行なうことができなくなりますので、できるだけ不要なものを削除するようにしましょう。

 

 

ソースコードをすっきりとさせるSEOノウハウですが、まず外部ファイル化しましょう。

 

特にホームページをjava script(ジャバスクリプト)というスクリプト出表記している場合には、大変内容がごちゃごちゃしていることがあります。

 

 

java script(ジャバスクリプト)というスクリプトとはホームページ上にカーソールを重ねると画像が変化するものです。

 

色が変化したり、文字が動いたりと、目で見る分には、楽しくで興味をそそられるかもしれませんが、、java script(ジャバスクリプト)というスクリプトの機能はすごくソースコード上で複雑になっています。

 

 

この、java script(ジャバスクリプト)というスクリプトを外部ファイルにしてしまうことですっきりとしたソースコードに出来ます。

 

 

外部ファイルの作り方が難しいと感じる場合もありますがあ、できる限りの事をやってみるといいでしょう。

 

それでもやっぱり理解に苦しむというのであればSEO業者に依頼するのもオススメです。

page top