SEOのノウハウ16(HTMLの強調タグ)

SEOのノウハウ16(HTMLの強調タグ)

SEOはホームページを運営するにあたって必要不可欠な事です。

 

特にネットショップなどビジネスを行なっている人にとっては、必ずやらなければいけないことですのでSEOのノウハウを覚えて利用出来るようにしましょう。

 

 

ただSEOは非常に難しく、理解できている人であっても時間と労力を必要としますので、SEO業者に依頼した方が短期間で効果がでるのかもしれません。

 

 

しかし全部を依頼するのではなく、個人レベルで出来る範囲は少しでも多くやっておくようにしましょう。

 

自分で出来る部分のSEOノウハウを紹介しますので、今ホームページを運営している人や今後制作するという方は、SEOノウハウを活用出来るようにしてください。

 

 

ホームページを作る際にHTMLがわかる人は、自分で打ち込んで制作すると思いますが、それが出来ない人でも今はホームページを簡単作れるソフトがありますので、これを利用している方も多いようです。

 

 

ホームページ制作ソフトは、HTMLで作る時と同じように、文字を強調出来るような機能もしっかりとついています。

 

強調したい部分を太字にしたり、カラーをつけたり、例えば強調線を付け加えたり、文字を斜めや書体を替えたりなどなどおいろいろな方法が利用出来ます。

 

 

またホームページ制作ソフトのボタン一つで、HTMLのソースコード側から見るとそれに相当するタグがついています。

 

例えば、文字を太字にする場合には、ホームページ制作ソフトでいうところのBボタンを押すと、文字が自動に大きくなります。

 

 

ソースコードで表示すると同じように太字になっているはずです。

 

通常はこのような文字を強調するタグなどを全く気にせず使用すると思いますが、それが当然ですよね。

 

 

ここをちょっと太くしたいな、カラーをいれたいなと思ったらボタンを押すだけでいいので、特になにも考えずに使用するでしょう。

 

 

簡単に機能を利用できるホームページ制作ソフトですが、SEOの観点からいうと強調する部分などは、あまり使い過ぎない方がいいのかもしれませんね。

 

 

なぜならこのタグ一つとってもSEO対策にすごく深い意味をもっていますので、乱雑に使用するのではなく、ソースコードに置き換えてりようしてみるといいでしょう。

page top