SEOのノウハウ2(ホームページのキーワード)

SEOのノウハウ2(ホームページのキーワード)

HTMLを活用してホームページを製作している人であればソースコードが理解できると思いますが、ホームページ制作ソフト、ホームページビジターなどを利用しているという方の場合、SEOのノウハウを実行する場合、このソースコードを理解する必要があります。

 

 

一般的に見えているサイトというのは、文字やイラスト、写真などがありますが、ソースコードで表示すると英字や記号などの言語で表示されています。

 

 

よく見るとなんとなくどの部分を表示しているのかというのが理解できてくると思います。

 

その中に○○という項目をみつけることができるはずです。

 

 

この○○は、何を表しているのかというと、ホームページのキーワードを示しており、このホームページは、このキーワードで検索して欲しいと思って構築されているのだなというのを理解できます。

 

 

以前のSEOノウハウでもこの部分は、とても重要視されるほどの部分ではあったのですが、最近では、この部分が意外と無視されていることが多く、無関係なキーワードを打ち込んでどのようなキーワードに関してもヒットするようにと細工する悪質な行為が目立つようになっていると言います。

 

 

そのような事をうけて、以前のようにSEO効果が得られないということから特に重要視されなくなっていますが、何も打ち込まないでホームページを制作するよりは、関連するキーワードを考えて打ち込んだほうが、SEO対策強化につながると思います。

 

 

この部分をおろそかにしているという方も試してみる価値はありますよ。

 

キーワード設定は、一般的に3つから5つといわれており、キーワードとキーワードの間をカンマなどで区切って打ち込むようにしてください。

 

 

どのようなキーワードを入れればいいのか分からないという方は、ホームページの内容にマッチしたものを入力するようにしましょう。

 

 

無関係なキーワードや、同じキーワードをたくさん打ち込むと悪質性が高いと判断されてしまうケースもありますので、注意をしましょう。

page top