SEOのノウハウ15(ドメイン2)

SEOのノウハウ15(ドメイン2)

SEOノウハウの中にドメインが重要であるというのを紹介しましたが、期限切れや失効してしまったドメインを利用する場合には、特に注意をするようにしましょう。

 

 

使用済みドメインを利用する場合には、なぜドメインを失効してしまったのか、という経緯を知る必要があります。

 

万が一スパム認定を受けているドメインを取得してしまった場合には、いくらSEO対策を講じても無意味に終わってしまう危険性があります。

 

 

その他にも以前どのようなサイトで、このドメインを使用していたのかというのもしっかりと把握することが望ましいでしょう。

 

自分のやりたいホームページ運営とは、全く違っているものや危険なサイトで利用されている場合には、どうしてもSEO効果を上げることは難しくなるでしょう。

 

 

ドメイン取得する場合、このような事を考えて取得できるという人は、SEOのノウハウに熟知している方であると思います。

 

素人の方であれば、以前このドメインがどのような使われ方をしているのかなんて全く気にもせず利用すると思いますので、SEOノウハウとして覚えておくようにしましょう。

 

 

だた逆に使用済みドメインが、今後自分がやりたいと思っているような内容のホームページ運営を行なっていたものであればこれはすごくメリットが大きいと思います。

 

 

同関連の使用済みドメインを見つけることができればSEO対策効果がすぐに現れると思います。

 

なぜなら以前このドメインで取得しているリンクからも数多くのアクセス数を獲得できるからです。

 

 

自分が今運営しているホームページの内容が充実し、優れたものであれば、以前このドメインを利用してアクセスしていた方がまた利用をし、そのサイトに関心を持ってくれるとリピータとして獲得出来ますよね。

 

 

だからこそ全く関係のない使用済みドメインを利用した場合には、デメリットが大きくなるのです。

 

全く違った種類のサイトであれば、リンク元からアクセスされた場合、絶対に興味を持ってもらうことは限りなく少ないと思います。

 

 

例えば、使用済みドメインが以前アダルトサイトなどである場合には、なおさらデメリットの方が多いとおもいますので、確実にやばい結果になるのは目に見えています。

 

 

さらに自殺サイトなど表には出せないような酷いサイトの可能性もありますので、使用済みドメインを利用する場合には、最新の注意を行なうようにしましょう。

 

 

同系列の使用済みドメインを取得でき、以前このドメインを使ってSEO対策を一生懸命行なっていたオーナーであればすぐに効果が現れるでしょう。

 

 

使用済みドメインを利用する場合には、できるだけ同系統のドメインを探すようにしましょう。

page top