サーチエンジンの仕組み

サーチエンジンの仕組み

今や各家庭に最低1台はあると言われているパソコン、インターネットの関しては小学生から高齢者まで幅広い年齢層が楽しんでいると言われているものですが、以前はこれほどまで多くの人が利用しているものではなく、サーチエンジンも今に比べるとそれほどハードではなかったようです。

 

 

しかしながら、今のようなインターネット時代が来ることを見込んで、すでにオンラインショップを立ち上げたり、インターネットと活用して様々な情報を発信しているという方もやはり少なからず存在していました。

 

 

以前からインターネットを活用していた方は、できるだけ多くの人に自分が発信する情報を見てもらいたいという思いは強く、その当初から検索エンジンの上位に表示させることを考えていたようです。

 

 

当時のサーチエンジントップページに表示させるためのコツは、とにかくたくさんの方にアクセスしてもらうという方法くらいのものだったようです。

 

 

今のサーチエンジンとは違ってとにかくアクセス数が多いホームページだけが上位に表示されるというしくみがあったのかどうかはサーチエンジン側が詳しいことを公開しているわけではありませんので、信義の方が分かりませんが、そういったSEOの定説があったのは事実です。

 

 

しかし今このように方法をとっても全くいみはありません。

 

現段階では、サーチエンジン各社が定める上位表示へ基準というものは違っており、独自の方法を用いで表示させる順位がきめられると言われています。

 

 

一般的に言われているSEOの方法としては、ターゲットとなるキーワードを選択し、そのキーワードをサイトの中で自然に使用する、それから多くのサイトにリンクをはってもらうというものがあります。

 

 

これはSEOの基本的なノウハウとして言われているものですが、サーチエンジンのランクつけをおこなうアルゴリズムというものは年々進化し、さらに高度化が進んでいますので、常にそれに対応出来るSEOを考えなければならないようです。

 

 

あるゴリッズムは日々頻繁に変更を行なっているようで、その度に上位表示される順位が変更し、昨日までトップ表示されていたにもかかわらず、今日はそうでもなかったなんてことも多々あると言うのです。

 

 

以前にように上位表示されているものが常に同じサイトであるというのはもはや難しい状況になっているようですね。

 

今の段階でSEO対策に必要はノウハウはこれということはほとんどなく、あくまでもコツコツとコンテンツを充実させ、質を高める、それから多くの人に見てもらえるように認知を広げるという方法が確実なところなのかもしれません。

 

 

多くの人が行なっているSEOは、大変な努力と勉強が必要、だから殆どの人が避けてしまいがちなのですが、だからといって何もしないでいると上位表示されず、誰にもみてもらえないとい状況になります。

 

 

今できるノウハウをすべてやる、やるべきことはまず試してみる価値はあるのかもしれません。

page top